Skip to content

新しい薬の治験について

治験とは、新しい薬を作るための最終段階として行われるもので、実際にその病気に効くのかどうか、副作用があっても問題ない程度のものに留まっているのかどうかを確かめるために、患者さんに服用して試してもらう臨床試験のことを指します。

もちろんどこの馬の骨とも分からない物質を服用してもらうことはあり得ず、どんな薬であってもその前に実験室レベルでの確認とか、動物に投与する動物実験などは終わっています。ですが、いくらそのような実験をしても、本当にヒトに対して効き目があるかどうかの確信が持てるわけではありません。

最終的にはどうしても実際にその病気を持つ患者さんに服用してもらって確かめるしかないわけです。そうは言っても、本当に効き目があるか、副作用は問題ない範囲かどうか分からないからこそ試験を行うわけで、分からないものを服用させられる立場の人になってみれば、治験への参加できれば避けたいと思う人がいても当然でしょう。特に、既に十分に効果があって、副作用も問題なさそうということが分かっている薬が他にある場合はなおのことです。

ですが、そのような薬のある病気ばかりではありません。まだまだ適切な薬のない病気は数多くあり、そのような病気の患者さんにとってはむしろ治験薬こそが頼みの綱というケースもあります。製薬会社としても、既に十分に有用な薬があるのに新しい薬を世に出してもあまり意味は薄いでしょう。まだ十分な薬のない病気に対する治験に力を入れている製薬会社も多いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *