Skip to content

治験を行う上での注意点

風邪などの病気になった場合、薬を使用して治療を行っていきますが、この薬は厚生労働省によって審査が行われ承認されたものとなっています。

承認されるためには薬の様々なデーターを提示し、さらに健康な人もしくは特定の病気に罹患している人に薬を使用し、どの程度の効果があるのか副作用はどのぐらい現れるのかなどを調べる必要があります。現在のところ、栄養機能食品や機能性表示食品、トクホとも呼ばれる特定保健用食品、薬や医療機器、さらには治療法についても臨床試験が行われています。

このように薬などに対しての安全性や効き目について調べる試験を治験と呼びます。なお治験はすべての人ができるわけではなく、その薬の内容によって該当者が異なっており、健康だからと言ってできるわけではありません。聞き取りや検査の結果、自分が新薬を使用したいと考えても該当しないこともあります。

治験を行う場合、新薬を使用することになるので少量から使用をしていき、段階的に量を増やしていきデーターを蓄積していきますが、副作用の出方も調べるのであらかじめしっかりと治験の仕組みや現れる副作用などのについて理解をしておく必要があります。治験を行う人は参加している人に対してきちんとインフォームドコンセントを行うことになっており、良い面と悪い面について説明をする義務があるので、インフォームドコンセントの段階でわかりにくいことはしっかりと聞くことが大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *