Skip to content

新しい薬は治験を経て国で認可されます

日本の場合は、安全性を重視して新しい薬は様々な厳しい試験を受けてからデータ化されて国の認可を受けないと販売できないルールになっています。

初めは動物実験などから始まり、最後には臨床試験と言われる人を使って有効性や安全性を確かめる必要があり、この検査を治験と言います。臨床試験は治験によっても期間がまちまちで、中には参加する前の観察期や試験後の観察期などが設定されている場合もあり、入院を要する場合などもあります。

大きな大学病院などで募集されるケースもあれば、製薬会社が定期的に募集を行なうケースもあり、入院などを要する場合には食事代や交通費以外にも参加協力金などが支払われる事が多いです。治験に参加するメリットとしては、例えばまだ治療薬が発見されていない病気なら新しい可能性のある治療を受ける事が出来たり、今ある治療薬よりも効果があって副作用の少ない薬を試せたり、通常の治療よりも詳しい検査や診察を受けてきめの細かい治療を受ける事も出来ます。

逆にデメリットとしては、やはり国の認可を受けていない薬を使用する不安があったり、薬の効果や安全性を確かめるために採血や検査などのために来院回数が増えて負担になる事が挙げられます。まだ治療薬のない患者のために新しい薬を開発するために協力出来るという社会貢献的な意味合いもあって、治験を受ける設備も整っていますし専門医も常時在住していますので、安心できる臨床試験です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *