Skip to content

治験に参加するメリットやデメリット

治験とは、薬として本当に適したものであるかどうかを国から認めてもらうために、厚生労働省の指導のもと実施されている臨床試験のことを指しています。

新しく開発された薬の有効性を確認したり、安全性を評価するために何度も繰り返して試験が行われる特徴があります。薬の効き目や安全性について確認するために、その薬を実際に被験者となってためしてみるのが治験のバイトです。治験に参加するメリットとしてあげられることは、無料で健康診断が受けられることや、高額な報酬が手に入れられる点が挙げられます。治験に参加する前には、事前に検診を受ける必要があり、この検診は多くの場合無料で行われます。入院をして参加するとなった場合には、拘束期間が長いことから、より多くの報酬が期待できることでしょう。

入院することにより栄養管理がしっかりとなされた3食の食事が用意されたり、規則正しい生活を身につけることにもつながります。反対にデメリットしてあげられることは、生活に一定の制限があることと言えるでしょう。試験の種類や施設によっても異なるものの、場合によっては運動や食事の制限がなされるケースも見られます。入院の場合には集団生活を送ることになるので、ストレスを感じる人も多いです。医師のすぐ近くで行う環境であるため比較的安心であるものの、副作用が全くないとは言い切れず、不安を覚える人もでてきます。とはいえ始めた後でも被験者の自由な意志により、いつでも辞めることができるのがほとんどです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *