Skip to content

治験に参加するためには?

治験とは、薬の効果を実証するために行われるテストのことです。

薬はさまざまな種類があり、また新開発されているものもありますが、使用することによって得られる利益と不利益があるもので、すべてのものが最初から安全に使えるというわけではありません。このため安全性や効果を確かめるためのテストが行われ、それらが治験と呼ばれるものです。治験そのものは臨床試験の一部として扱われますが、対象となるのは健康な人に対して行われるもので、これにより薬が身体に与える影響を調べ、また吸収時間や成分濃度のピーク、排出までの時間など安全性を確認します。これらを行った上で、実際の患者に対して投与して効果を調べるというものです。

これらのテストを経て安全性と効果効能を確認した上で、厚生労働省に承認してもらうことで新しい薬として利用が開始されます。治験そのものは、さまざまな方法で募集を行っていますが、種類としては製薬会社が行っているものや病院などの医療機関が行っています。基本的には誰でも受けられるというものではなく健康な人でなければならず、事前に健康診断を受けた上で、参加資格を得られるという仕組みです。また自由意志で行われるものですから、資格を得られたからといって参加が強制されるわけではなく止めることができます。治験は施設で行われるほかにも定められた薬をスケジュール通りに服用した上で、定期的な診察や検査を受けるといったことも行われるものです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *