Skip to content

自己負担を抑えて社会貢献にもなる治験への参加

研究開発が進められる中で新薬治験に参加をするチャンスがあれば、これまでの種類とは異なる次世代の医薬品をいち早く体験することができます。

これからのお薬を使うことができるので、現状の治療薬にあまり満足できない人も参加をするケースは少なくはありません。本人の意思により参加をするのが治験であり、アルバイトや勤労ではなくボランティアです。一般的にボランティアというと、無償ですべて自分で支払い奉仕をすることになりますが、そうした大きな金銭的な負担はほとんどありません。交通費や治療費用などをすべて自己負担をするとなると、いくらボランティアといっても参加する際の負担が大きくなります。

ところが治験の場合はできるだけ負担が少なくなるよう、様々な配慮があるので、お財布へのダメージも少ないです。製薬メーカーからのバックアップは大きく、医薬品代金や医療機関までの交通費などは、負担軽減費として出してもらうことができます。負担軽減費の名目があることで、差引きして帳消しにすることができるため、協力費により本人負担を抑えることが可能です。お金がないから協力ができないといった、金銭的な無理をしての参加をする必要がありません。順調な治験の成功のためにも、新薬を誕生させるためにも、多くの人の参加が必要です。未来の医薬品を生むためには、1人1人の参加者が必須ですし、それは結果的に社会貢献にもなります。年を重ねて未来に自分が使うかもしれませんし、自分たちの子供が使う可能性もあるのが、治験で誕生をする医薬品です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *