Skip to content

治験で未来の薬開発に参加できる

治験とは認証前の薬やサプリメントなどを、検証データをより多く集めて認可を受けるのに活用することです。

既に実験で安全や効果は確認済みですので、まさに最終段階を確認するために行います。最近では薬などの他にも、身近な健康食品や機能性食品、さらに美容関連の商品の治験も多くなっています。消費者は化学的な裏付けがある商品を好むようになっているので、こうした実験データが重要になり治験も多くなっています。

治験で得られたデータは個人は特定されません。活用するのは体への変化のデータだけですから、そのデータによって有効性の裏付けになったり、改良につながります。つまり、参加することで将来の薬や健康関連の商品の質アップに一役買っていることになります。医療の未来を良くするために、社会貢献の一面もあります。それだけ重要なことですから、参加するのには条件があったり事前に健康チェックもされます。

血液検査や医師による診察などがあることが多いです。また、治験実施期間は指示に従って生活を送り、薬やサプリメントの使用場面も細かく指定されることも多いです。通院しながら経過をチェックされるタイプと、数日検査のために入院するパターンもあります。そのため、体の条件と日程の条件が合わないと、興味があっても参加できないこともあります。ただ、参加することの意義は大きいので、自分も将来使うかもしれない医療や健康関連商品を開発する一員になれるのは有意義な経験になります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *