Skip to content

非臨床ってどんな意味だろう

非臨床とは、人体を用いない医学的なものごとのことです。

前臨床とも同じ意味になります。わかりやすい例を挙げて説明します。「非臨床試験」ということばがあります。これはいわゆる「動物実験」のことです。具体的には、ラット、モルモット、ウサギ、イヌなどのさまざまな大きさの動物を実験体として、薬剤を投与し、データを取得して調査します。

なぜそのようなことをするのかというと、生体、つまり人間のからだを使った実験(これを「臨床試験」といいます)の前に、薬剤の基礎的な効果および安全性と有効性を調べるために行うのです。つまり、人体を用いる実験では特に未知の薬剤では安全性が担保されません。人体にいきなり薬剤を投与して、死に至る状態にさせてしまったり、内臓などに障害が起こってしまったら大変です。そのために、実験の前段階として動物を被検体とするのです。動物実験なんて動物がかわいそうと考えるかたもいらっしゃるかもしれません。

しかし非臨床試験は医学の発展のために必要なことなのです。この実験を経て、さまざまなデータを取り効果を検証することではじめて新しい薬が創り出され、病気の治療に役立てられますし、医学的な大発見につながることもあるのです。それは人類にとっての重要な財産になります。非臨床とは、臨床ではない、すなわち臨床の前段階、つまり医学的な行為を人体に対して行う前段階の動物を検体として使ったものごとのことをいうのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *