Skip to content

治験で行うことについて

治験とは主に新しく新薬を作るために行う検査です。

この検査は国へ届け出が必要で、検査を行う際、内容を国に進呈し許可を得たのちに、治験に参加をする方に説明をして許可を取ります。国からの許可が下りなかったり、検査に参加をする方の意思が下りない場合、治験を行うことはできないという決まりがあります。この検査の重要性ですが、主に新しく生み出す新薬に副作用があるかどうかを検査するのが主な名目になります。

そのため、副作用が発生したりした場合においては国に対して、副作用の詳細を提示して新薬を作るプロジェクトを継続するか取りやめるかの指示を仰ぐ必要があります。治験とは新薬を生み出すうえで本当に安全性があるかどうかを検査する機構でもありますので、問題が起きた場合は実験段階の上で検査の内容を申し出ないといけないという取り決めがあります。

なおこれらの義務ですが、医師には国に対しして検査の報告義務があるため、報告を怠ると処罰を受けますのでどのような新薬の開発やサプリメントなどの開発においても問題が生じた場合は報告義務が発生します。一方治験対象者については、検査を行う際、対象の新薬を投与した際、起こり得る問題やアレルギー反応などの説明を受けたのちに検査をしますので事前検査にて、アレルギーがあるものや過去に問題を起こしたことがある薬などがある場合、速やかに申し出なければならない決まりがあり、これらは検査前に医師により確認を取られることが一般です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *