昔のエステサロンの脱毛はどのような内容か

多くの女の子達が通うエステサロンの脱毛は、そのようなことをするのでしょう。

エステのムダ毛のお手入れは、かつては痛いイメージの強いお手入れ方法として知られていました。現代においては、気軽にエステサロンへ立ち寄り、フラッシュなどの施術を受けることができます。その違いは、エステサロンで採用しているマシンの主流が、大きく変わったためでもあります。一昔前にメインで採用していたのは、専用の針を利用したニードル脱毛の方法です。

エステサロンでのムダ毛処理は、どこのサロンでもやっていたものではなく、ニードルを取り入れてムダ毛処理をしているサロン自体、胃腸なものでした。体毛の生えている毛穴に針を差し込み、そこに微電流を流して毛根を刺激する方法です。針は細いものですが、皮膚に指すことには違いがありません。そのため毛根の組織破壊をする威力はあるものの、痛みは現代の医療レーザーよりも、はるかに痛いものです。

それを麻酔もないエステサロンで普通にやっていたのですから、その時代のお手入れを受けた女性たちの勇気には頭が下がります。痛みはさておいて、このニードルでの施術はムダ毛の再生はありません。パーフェクトな永久性をもたらす方法です。しかし施術者の技量に大きく左右されますので、担当によって痛みは効果にも差が出てきます。トラブルの多い方法であったニードルは、現代ではエステでは使われていません。そして今の時代のメインは、フラッシュなどの光脱毛でのお手入れになります。
東京で医療脱毛のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *