医療脱毛はトラブルに対しての対応を知ったうえで

医療脱毛に伴う契約は、すべて医療契約になります。

そのため都度払いではなく、コース契約などをした時に、公開してもクーリングオフは適用されませんし、中途解約や契約解除も、エステなどと比べて難しくなります。それだけ慎重な契約が求められるものです。医療脱毛であっても、トラブルがないわけではありません。むしろやけどなどのリスクは高くなります。それをカバーするのが医師の経験値や技術力になるのですが、だからといって全くトラブルが起きないということではありません。

大切なのは、トラブルが起きたときにどのような対応を行ってくれるかなのです。医療行為によるケアはもちろんですが、明らかに病院側のミスが考えられるのにもかかわらず、適切なケアを行ってくれなかったり、有料になってしまったということでは、納得できません。また、硬毛化もあります。硬毛化は、施術を受けた部位のムダ毛が、かえって硬く太く濃くなってしまう現象です。なぜそのようなことが起こるのかは、解明されていません。

事前にはっきりと硬毛化するのかしないのかの判断ができないのです。そのため硬毛化を「個人差」として、対応してくれないところもあります。しかし硬毛化したら再施術を行うとしている医療機関もあり、医療脱毛を受けるときには、そういった病院をお勧めします。個体差が大きいのが人間の体ですから、トラブルはつきものです。トラブルが起きないことが前提ですが、起きた際の対応が重要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です