医療脱毛を始めるなら季節はいつがいいのか

医療脱毛はどの季節からでも始められます。

ただし、初めてすぐに効果が表れるものでもなければ、短期間で完了するといったものでもありません。医療脱毛は特に効果が得られやすいものではありますが、効果が目に見えるほどになるまでには、おおよそ1年程度は考えておいたほうがいいでしょう。夏に間に合わせたいというならば、前の年の秋から始めるとよいでしょう。秋と冬は、紫外線もそれなりに弱まっています。

脱毛の施術をした肌は、紫外線の影響を受けやすくなっています。日焼け止めなどでケアするのはもちろんですが、紫外線の弱い時期に行うというのも、成功させるコツになります。秋から冬にかけて行うのは、そういった利点もあります。もし紫外線が強い時期からしか始められなかった場合には、「施術後に影響を受ける」ということ以外に、施術前であっても日焼けのせいで施術が中止となってしまうことがあるということを覚えておきましょう。医療脱毛に使われている光は、黒色と肌色との差に反応して黒色にエネルギーが集まり、それが熱エネルギーに変換されて発毛組織を破壊するといったシステムです。

日焼けをしてしまった肌では、毛に光が集中することができす、うまく脱毛ができません。それどこれおか肌にも光エネルギーが集まってしまい、やけどを負ってしまうリスクが高まります。そのようなことを警戒し、日焼けしている肌へは施術をしない判断を医師は下します。思うように計画が進みませんので、そういった季節は避けるか、日焼けに十分注意することが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です