医療脱毛の施術の特徴と効果

医療脱毛とは美容皮膚科やクリニックなど医師による脱毛施術を指しますが、特にこう呼ばれる理由には、現在エステサロンでもまた家庭用脱毛器でも永続性のある脱毛が可能になったのも一因です。

ただ同じような理論に基づいた脱毛であっても、医師のみが取扱いを許されている医療脱毛と素人用のものでは歴然とした違いがあります。代表的な医療脱毛のひとつであるレーザーは黒色に反応する電磁波を肌に照射することで毛を作る機能にダメージを与えますが、半永久的に効果が期待できるのは出力度数が高く、死滅させるのに十分なエネルギーを発することができる美容医療施術のみです。

うち漏れがないよう数回毛の生育のサイクルにあわせて処理する必要がありますが、全身脱毛であってもローテーションを組みながら時期をずらして施術をしていくことで大体1年以内に終わらせることができます。照射処理は電磁波の自動判別機能により、短時間で終わりますが照射する際に高熱が生じるため、肌の状態を専門医が確認しながら脱毛できるのもクリニックならではの安全性で、肌トラブルになりにくいのも特徴のひとつです。

希望すれば医療行為であるため麻酔の使用も可能です。また血液検査などが必要なためニードル脱毛は現在医療機関でのみの取り扱いですが、肌質や毛質に関係なく脱毛でき、永久的な効果が保証されている点に加え人間の手で1本毎に処理をしていくので完成度が高いのが大きな特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です