医療脱毛で注意しておきたい点とは

医療脱毛を受ける場合に、気をつけておきたいこととはどんなことでしょうか。

まずレーザーで処理をしますので、皮膚が薄い人や弱い人の場合は、赤くなったり、軽いやけど症状になることもあります。ただしクリニックで処理をしますので、何かダメージがあった時は薬を貰えます。もし家に帰ってから痛みが出た時は、まずその部分を氷嚢や冷却シートなどで、痛みがなくなるまで冷やし、できるだけ早く、通っているクリニックにそのことを伝えてください。痛みがあるのにそのまま放っておくと、皮膚病の原因になりますので、必ず冷やすようにしましょう。

それから、意外に長期間かかるものだと考えておいてください。脱毛というのは、元々毛周期といって、毛が生え変わる周期に合わせて行われるため、二か月ほど間を置くことがあります。通常は6回通いますが、間隔を置いて通うため、場合によっては1年以上かかることもあります。ですから、来年の夏までに脱毛をしておきたい場合は、今年の夏ごろから通うようにしましょう。

そして医療脱毛の費用ですが、これはクリニックによって異なり、しかも保険が適用されないため、全額負担となります。特に最新式のマシンが導入されているクリニックは、その分費用も高めになります。ですから医療脱毛を受けるには、まず自分の予算に合うクリニックを探してみるのをお勧めします。またキャンペーン中のクリニックは、一般に割安の費用で脱毛してもらうことができますので、そういうチャンスを狙ってみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です