医療脱毛の種類にはどんなものがあるのでしょうか?

医療脱毛とは美容クリニックや皮膚科などで受けることのできる脱毛施術のこと。

医師や看護師などの立ち会いのもとで施術が行われますので、専門的な知識と技術を要する医療施術ということになります。一般的に家庭用の脱毛器やエステにおける脱毛施術に比べても脱毛効果が高く、さらにその効果が長期間にわたって持続されるのが大きなメリットと言えるでしょう。医療脱毛には様々な手法がありますが、大きく分けると二つ。一つは医療レーザー脱毛というもので、これは専用の医療機器から照射されるレーザーが皮膚内に埋もれた毛根のメラニン色素と反応することによって瞬間的に温度を高めて、組織を焼き切ってしまいます。

このようにして毛根組織やそのさらに根元にある毛母細胞や毛乳頭などにもダメージが及ぶため、ムダ毛の成長機能が破壊されると同時に、今後それらが成長してムダ毛となって毛穴から生えてくることも長期間にわたってありません。また、一度の照射範囲が広いことから背中や腕、脚、腹などの広範囲に及ぶ部位であってもスピーディーに処理することができます。さらにもう一つの医療脱毛として知られるのがニードル脱毛です。

これは専用にニードルに微量の電流を流し、それを毛穴ひとつひとつに刺して毛根を手作業で破壊していくというもの。このニードルを引き抜くと同時にムダ毛も払拭されることになります。これは希望する部位を全て施術し終えるまでにかなりの時間がかかってしまうものの、その分だけ脱毛効果は高く、処理済みの部分は全て永久脱毛ゆえに二度とムダ毛が生えてこないこととなります。これを毛周期に合わせて複数買いにわたって処理することによって、最終的には今後いっさいムダ毛に悩まなくていい状態を獲得することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です