医療脱毛後のケアも大切です

医療脱毛は医療機関でレーザーでの施術をすることです。

施術は医師や看護師が行なうため安心できますが、脱毛後のセルフケアでの手入れも大切なことなのです。医療脱毛後の注意点は、施術した日の入浴は控えてシャワーのみにします。脱毛後は軽くほてりが残ります。この状態で過度な運動で多量の汗をかいたり、湯船につかって肌を温めるとほてりや炎症を長引かせることになります。施術の当日は入浴を控えてシャワーのみして、ほてりが続くようであれば冷やしたタオルや保冷剤などで脱毛した部分を冷やします。

治療期間中は日焼けにも注意が必要です。医療脱毛のレーザーで毛根を破壊して脱毛効果を得る方法で、脱毛後の肌はダメージを受けて敏感な状態です。この状態で紫外線をあびると日焼けしてシミの原因となります。外出の際には日焼止めを使用して、日焼けしないようにします。日焼けした肌はレーザーが肌のメラニン色素にも強く反応するため施術中に火傷をする可能性があり、場合によっては脱毛ができなくなる可能性もあるのです。

脱毛によって肌はダメージを受けています。水分量も少なくなっているため保湿は欠かさないようにします。保湿する場合は高かな化粧品を使用する必要はなく、普段使っている化粧水や保湿クリームなどを念入りに脱毛した部分に塗ることが必要です。保湿は肌の乾燥を防ぎ施術中の痛みも感じにくくなり、照射パワーを上げることができるため脱毛効果を高めることにもつながるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です