医療脱毛のメリットとは

脱毛といえば、脱毛サロンが有名ですが、それ以外に美容系のクリニック等で行われている医療脱毛が存在します。

医療脱毛と呼ばれているのは、毛穴に電気針を刺し、そこから微弱電流を流して毛根を焼く事で毛が生えてこない状態を作るニードル脱毛と、医療用レーザーによって毛根を発熱させ、毛乳頭や毛母細胞を破壊していく医療レーザー脱毛です。

医療レーザー脱毛の仕組み自体は、現在、脱毛サロンで行われている光脱毛と殆ど変わりませんが、光の場合、出力が弱く、1回の施術で毛根を破壊していくだけの威力がありません。

その為、光脱毛よりも、医療レーザー脱毛の方が、少ない回数で施術が完了するだけでなく、短い期間で綺麗な肌を手に入れる事が出来る事になります。

更に、ニードル脱毛の場合、毛穴1つずつに対して施術を行う為、とても高い効果を得られる事になりますが、施術に時間がかかる事になります。

それに対して、医療レーザー脱毛は、毛穴1つずつではなく、レーザーの照射面積にある毛穴すべてに対して、一気に施術をしていく事が出来る為、ニードル脱毛に比べて、短時間での施術が可能になっている上、痛みもニードル脱毛に比べて少ない状態となっています。

ですから、現在、医療脱毛といえば、医療レーザー脱毛が主流になっています。

ただ、より高い効果を期待したい、男性の髭のように医療レーザー脱毛では効果が出にくい毛を脱毛したいと考える場合は、ニードル脱毛が有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です